« くりぃむしちゅー | トップページ | 忙しい »

2006年1月19日 (木)

第一回デュエルマスターズデッキ工場

お待たせいたしました。予告どおりデュエルマスターズのデッキを掲載です。第一回目は「憎悪と怒りの獄門」デッキです。

憎悪と怒りの獄門  6コスト (火/闇) 呪文

■相手のシールドが自分のシールドより多ければこの呪文を唱えることができる。

■自分のシールドと同じ枚数のシールドを相手は自分自身のシールドゾーンから選ぶ。相手は残りのシールドを持ち主の手札に加える。(その「Sトリガー」を使ってよい)

コロコロコミックで逆転のオーロラとのコンボが紹介され人気のカードです。しかしながらネックなのは「Sトリガー」を使われたら負けが確定的になってしまう点でしょう。今回その対抗策として採用したのが「スピードアタッカー」です。獄門を使った後、たとえ相手が地獄スクラッパーを使ってきたとしても、スピードアタッカーなら次のタイミングで出すことができるので被害はゼロです。問題なのは獄門とスピードアタッカーを同時に使う場合、最軽量スピードアタッカーは3マナであるため最低9マナが必要になることでしょう。とりあえずレシピはこちら。

クリーチャー

4×日輪の守護者ソル・ガーラ 

2×光器ペトローバ 

1×暁の守護者ファル・イーガ

4×パクリオ

1×アクアン

2×襲撃者エグゼ・ドライブ

レインボー

2×血風神官フンヌー

2×電脳聖者タージマル

呪文

4×デビル・ドレーン

4×デーモン・ハンド

1×エナジー・ライト

1×サイバー・ブレイン

1×クリスタル・メモリー

3×地獄スクラッパー

レインボー

4×魂と記憶の盾

3×憎悪と怒りの獄門

このデッキの基本的回し方はまずシールドをゼロにすることを最優先します。序盤はブロッカーを並べ、相手が攻撃してきてもあえてスルーします。また攻撃してこない場合はデビル・ドレーンでシールドを手札に加えましょう。相手がブロッカーの入っているでっきならば魂と記憶の盾やパクリオでシールド送りにしてあげましょう。また光器ペトローバは選ばれない効果をもっているのでバトルゾーンに出しておくと勝てる可能性があがります。またカスタマイズとして「炎槍と水剣の裁き」や「ロスト・チャージャー」、「ノーブル・エンフォーサー」なども検討してはいかがでしょうか?

|

« くりぃむしちゅー | トップページ | 忙しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27280/409385

この記事へのトラックバック一覧です: 第一回デュエルマスターズデッキ工場:

« くりぃむしちゅー | トップページ | 忙しい »