« 世界の中心で、愛をさけぶ | トップページ | 相互リンク »

2006年2月 1日 (水)

ダンサー・イン・ザ・ダーク

二日続けて映画みました。今日みたのは「ダンサー・イン・ザ・ダーク」です。目が不自由でミュージカルが好きな母親が子供に遺伝するであろう目の病気のためにお金を貯めていきます。しかし、ある日彼女は殺人を犯します。それは子供のために貯めたお金を盗まれてしまうことが原因です。犯人は友人でした。彼女は息子に手術を受けさせるためお金をはなそうとしない犯人を銃で撃ちます。それから・・・・

全ては書かないことにしますが、随所に現れるダンスシーン?の挿入が印象的でした。また、子供のために自分を犠牲にする姿はすばらしいです。

ダンサー・イン・ザ・ダーク DVD ダンサー・イン・ザ・ダーク

販売元:松竹
発売日:2001/06/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 世界の中心で、愛をさけぶ | トップページ | 相互リンク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/27280/577724

この記事へのトラックバック一覧です: ダンサー・イン・ザ・ダーク:

» ダンサー・イン・ザ・ダーク [映画、言いたい放題!]
公開当時、結構話題になりましたよね。 ビデオで観ました。 シングルマザーのヒロインが失明の運命にあり、 しかも息子も同じ運命を迎えることを知り 彼女は馬車馬のように働き、倹約に倹約を重ねて 何とか息子の手術のお金をためようとする。 しかし映画は「正直者... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 14時22分

« 世界の中心で、愛をさけぶ | トップページ | 相互リンク »